【芸能】緒形拳の次男・緒形直人が芸能界から消えた理由...変わり果てた現在の姿に驚愕!『北の国から』で活躍した俳優の息子の事故死...家族が告白した本当の最期に涙腺崩壊!
2024/06/03

俳優緒形拳さんは、2008年に肝臓がんで死去しました。今回は緒形拳さんの死因や家族、次男・緒形直人さんの現在についてご紹介します。

緒形拳さんは、1937年に東京で生まれました。幼少期から演技に興味を持ち、高校卒業後、新国劇に入団。1960年、島田正吾さんに見出され、舞台「遠い一つの道」でデビュー。映画でも同じ役を演じ、成功を収めました。

以降、大河ドラマ「太閤記」で主役の豊臣秀吉を演じ、一躍スターダムにのし上がりました。

緒形さんはその後も数々の名作に出演。特に映画「鬼畜」では妻に頭が上がらない情けない主人公を演じ、日本アカデミー賞を受賞しました。

1986年の映画「花いちもんめ」では、国際映画祭でグランプリを獲得し、国内外で高く評価されました。

緒形さんの死因は肝硬変から進行した肝臓がんでした。治療を拒みながらも最後まで役者としての道を貫きました。

次男の緒形直人さんは、父の最期を「意識を失う直前まで会話していた」と語っています。父は病気と闘いながらも、俳優としての誇りを持ち続けました。

緒形直人さんも俳優として成功を収めましたが、最近はあまりメディアに登場していません。

広告

実は、家族との時間を大切にし、芸能活動をセーブしているとのことです。彼の妻、仙道敦子さんもかつては女優として活躍していましたが、結婚後は芸能活動を控えていました。

直人さんと仙道さんの間には、緒形敦さんという息子がいます。敦さんは2017年にドラマ「陸王」で俳優デビューを果たしました。彼は両親や祖父の影響を受け、俳優としての道を歩んでいます。

緒形家の俳優の血は代々受け継がれています。緒形拳さんの遺志を継ぎ、直人さんや敦さんもそれぞれの道で活躍しています。彼らの姿に、多くの人々が感銘を受け続けることでしょう。

このように、緒形家の物語はまだ続いています。彼らのこれからの活躍にも期待が高まります。

広告

AD
記事
速報