吉川晃司と布袋寅泰が活動停止後に放った言葉が衝撃すぎる…!
2024/06/03

広告

吉川晃司さんと布袋寅泰さんは、1988年に結成されたユニット「COMPLEX」で音楽シーンを席巻しました。特に『BE MY BABY』は、彼らの代表曲として今でも語り継がれています。

しかし、1990年に突然活動を停止し、その後に語られた言葉が多くのファンを驚かせました。

吉川晃司さんは1984年にシングル『モニカ』でデビューし、続けてヒット曲を連発。俳優としても成功を収め、日本アカデミー賞新人賞を受賞するなど、多才な活躍を見せました。

布袋寅泰さんも、BOØWYのギタリストとして絶大な人気を誇り、その音楽センスは業界内外で高く評価されています。

そんな二人がタッグを組んだCOMPLEXは、瞬く間に音楽シーンを席巻しました。デビューアルバムは大ヒットし、一度聴けば忘れられないメロディと力強いパフォーマンスで多くのファンを魅了しました。

しかし、成功の裏で二人の間には次第に方向性の違いが生じ、1990年に突如として活動を停止しました。

活動停止後、吉川さんと布袋さんはそれぞれのインタビューで「COMPLEXさえ組まなければ、少なくとも友人を失うことはなかった」と語りました。この言葉は、多くのファンにとって大きな衝撃となりました。

広告

特に、最後には飲み屋で掴み合いの喧嘩に発展したというエピソードもあり、二人の関係が深刻なものであったことが窺えます。

しかし、2011年の東日本大震災が二人の関係を大きく変えました。震災復興ライブをきっかけに、COMPLEXが21年ぶりに再結成され、10万人ものファンが彼らの復活を祝いました。

この復活ライブは、彼らの音楽が人々に与える力と、二人の絆の強さを再確認させるものでした。

吉川晃司さんは、この震災をきっかけに家族の絆を再認識し、一般女性との結婚を決意しました。入籍前の2009年には第一子となる娘が生まれており、未婚の父としての生活を送っていましたが、震災を機に家族で力を合わせることの大切さを感じたようです。

現在、吉川さんは音楽活動だけでなく俳優としても活躍し、その魅力は衰えることなく、多くのファンに支持されています。

布袋さんもソロ活動を続け、数多くのヒット曲を生み出しています。二人が再び共演することがあるかは不明ですが、その可能性に多くのファンが期待を寄せています。

吉川晃司さんと布袋寅泰さんのCOMPLEXとしての活動、そしてその後の言葉やエピソードは、今なお多くの人々の心に残り、語り継がれています。

広告

AD
記事
速報