千代大海を改心させた千代の富士の一喝!金髪で入門志願してみた結果・・・
2024/06/05

広告

千代大海こと須藤隆二少年は、幼い頃から体が大きく、「ブッチャー」というあだ名がつけられるほどでした。中学生になると地元で悪名高い不良少年として知られるようになり、暴走族を率いていた彼の名は九州全域に轟きました。しかし、柔道を習い始めたことから礼儀や上下関係を学び、弱い者いじめは決してしない性格も併せ持っていました。

中学卒業後、母親を安心させるために相撲界入りを決意した千代大海は、一流の力士になるために千代の富士親方の元を訪れました。その姿は金髪リーゼントで作業着姿という、まさに不良そのもの。しかし、親方に対する礼儀を欠かさなかった彼は、一喝されるとすぐに髪を切り、再び門を叩きました。

千代の富士親方に「なぜ相撲をやろうと思ったのか」と問われた千代大海は、真剣に答えました。その答えに心を打たれた親方は彼の入門を許可し、ここから千代大海の相撲人生が始まります。

千代大海は1992年に初土俵を踏み、1995年にはスピード昇進を果たし、新入幕となりました。しかし、度重なる怪我と不運に見舞われながらも、1999年に念願の幕内初優勝を果たし、大関昇進の期待を寄せられました。その後も多くの試練を乗り越え、何度もカド番を経験しながらも、65場所という大関在位数で歴史に名を刻みました。

広告

引退会見で「一つ目標を持てば人生が変わる」と涙ながらに語った千代大海は、その後、部屋付き親方として後進の指導に力を注ぎました。2016年に師匠である千代の富士が亡くなった後は、九重部屋を継承し、力士の育成に励んでいます。

千代大海の改心と成長の背後には、千代の富士親方の一喝と厳しい指導がありました。彼の成功と挫折、そして再起の物語は、多くの人々に希望と勇気を与え続けています。これからも、芯のある力士を育てるために、その熱い情熱は続いていくことでしょう。

広告

AD
記事
速報