上島竜兵さん、最後の遺言に妻・広川ひかるさんへの深い愛情…『ダチョウ倶楽部』の絆と芸人魂に涙が止まらない
2024/06/02

2022年5月11日、日本中が悲しみに暮れた日。お笑いトリオ『ダチョウ倶楽部』のリーダー、上島竜兵さんが61歳という若さでこの世を去りました。突然の訃報に、芸能界だけでなく、お茶の間にも衝撃が走りました。

警察の発表によると、死因は自殺とみられています。自宅マンションで首を吊った状態で発見され、遺書も見つかったとのこと。その内容は公開されていませんが、妻である広川ひかるさんへのメッセージが残されていたことが報じられ、多くの人の心を締め付けました。

広川さんは、夫であり、芸人仲間であり、人生の伴侶であった上島さんを突然失ったのです。その悲しみは計り知れません。二人は1994年に結婚。結婚当初から、上島さんは広川さんを「ヒカリちゃん」と呼び、溺愛していました。テレビ番組でも、広川さんの話になると、上島さんは顔をくしゃくしゃにしてデレデレ。その姿は、まさに理想の夫婦と言えるでしょう。

しかし、上島さんは、『ダチョウ倶楽部』のリーダーとして、体を張った芸で人気を博していました。熱湯風呂に飛び込んだり、熱々おでんを頬張ったり…。時には、リアクション芸で頭を叩かれることもありました。見ているこちらが心配になるほど、体を張った芸を続けてきたのです。

広告

そんな上島さんを、陰ながら支え続けたのが広川さんでした。上島さんの芸人魂を理解し、尊敬し、愛していました。だからこそ、上島さんの突然の死を受け入れることは、どれほど辛く、悲しいことだったでしょうか。

遺書に広川さんへのメッセージが残されていたという事実は、最期の瞬間まで、上島さんの心の中に広川さんがいたことを物語っています。それは、感謝の言葉だったのかもしれません。謝罪の言葉だったのかもしれません。あるいは、愛の告白だったのかもしれません。

真相は、二人だけの秘密です。しかし、一つだけ確かなことは、上島さんが広川さんを深く愛していたということです。そして、広川さんもまた、上島さんを深く愛していたということです。

上島さんの死は、私たちに大きな悲しみと、同時に大切なことを教えてくれました。それは、人生の儚さと、愛する人の大切さです。

上島竜兵さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。 

広告

AD
記事
速報