逸見政孝さん、ガン告白記者会見とビートたけしが弔辞で号泣した理由
2024/06/04

広告

逸見政孝さんは日本テレビ本社で記者会見を開き、自身のガン罹患を公表しました。この記者会見は、多くの人々に衝撃と感動を与えました。逸見さんは、病状を自らの言葉で伝えたいという強い意志を持って会見に臨みました。

記者会見の場で、逸見さんは「こういう形でのお知らせをするのは誠に不本意ですが、私が入院してから事務所を通じてのコメントを出すと、真意が伝わらなかったり、あるいは誤解を生じてもいけないので、私の口から伝えることにしました。皆さんに集まって頂きまして、本当にありがとうございました」と語りました。彼の言葉には、視聴者への感謝と、自身の病状に対する正直な思いが込められていました。

逸見さんは、ガンの診断を受けた後も、闘病生活を続けました。しかし、その闘病生活は長くは続かず、1993年12月25日に惜しまれながら亡くなりました。彼の死は、多くの人々に悲しみをもたらしました。

逸見さんの告別式では、ビートたけしが弔辞を読みました。たけしは逸見さんと「たけし・逸見の平成教育委員会」で共演し、公私共に深い友情を築いていました。弔辞の中でたけしは「いい人はかり先に死んじゃうんだ。俺がもっと悪いことを教えてあげればよかった」

広告

と涙ながらに語り、参列者の涙を誘いました。

1991年10月19日に放送された「平成教育委員会」では、逸見さんが司会を務め、たけしがレギュラー出演していました。二人の掛け合いは視聴者に愛され、番組は高い評価を受けていました。逸見さんの死後、たけしは自身の番組で「逸見さんのことを考えると、つらい」とコメントし、逸見さんを偲んでいました。

広告

AD
記事
速報