都はるみの旦那の“自●”や緊急入院した“難病”の現在の病状に言葉を失う…「好きになった人」でも有名な元演歌歌手の事実婚相手とのホテル生活や総資産額に驚きを隠せない…!
2024/05/29

広告

日本の演歌界を代表する歌手都はるみさんは、独特の歌唱法「晴み節」で昭和の時代から国民的な演歌歌手として活躍してきました。彼女はプライベートでも13年の恋愛を実らせ、浅月寛美さんと結婚。しかし、結婚生活は順風満帆ではありませんでした。浅月さんが銀座でオーダーメイドの紳士服店を開店するも、クラブ通いやホステスとの関係で店は火の車に。夫婦喧嘩も絶えず、最終的に1982年に離婚となりました。

その後、都はるみさんは音楽プロデューサーの中村和義さんと交際を始めます。しかし、中村さんには妻子があり、二人の関係は不倫関係に。周囲の反対を押し切り、彼らは内縁関係を続けました。

1984年、都はるみさんは突然の記者会見で引退を宣言。その後、1987年に音楽プロデューサーとして復帰し、演歌歌手の大和桜さんをデビューさせます。しかし、演歌の時代は終わりを迎えており、活動は低迷しました。

2008年には中村和義さんが自宅で自殺。

広告

都はるみさんはショックを受け、スタッフさえも声をかけられない状態でした。中村さんの自殺の原因は多くの借金や近しい人物の死など、複雑な事情が重なっていたようです。

さらに、2013年には急性膵炎と急性気管支炎で緊急入院。無事回復しましたが、ネット上では健康状態への不安が広がりました。都はるみさんはその後、完全に公の場から姿を消し、芸能活動を休止しています。

最近、都はるみさんは東北地方でひっそりとホテル暮らしをしていることが報じられました。彼女は東京と東北を行き来する生活をしており、緑内障を患っている矢崎繁さんをサポートしているようです。矢崎さんとの関係は余生を支え合うようなもので、穏やかな時間を過ごしているとのこと。

都はるみさんの人生は波乱万丈でした。彼女の歌声をもう一度聞きたいと願うファンは多いですが、復帰の道は険しいでしょう。

広告

AD
記事
速報