松田聖子さん 沙也加さんのもとへ...最期の時間に精神的ショックは隠せない.....
2024/06/02

札幌市内で女優神田沙也加さんが急逝しました。この訃報を受けて、父親で俳優の神田正輝さんはすぐに札幌入りしました。新千歳空港に到着した際の彼の姿は、憔悴しきっていましたが、報道陣に「ありがとう」と感謝の意を述べ、気丈に一礼して娘のもとへ向かいました。同じ日、母親の松田聖子さんも現地に到着していました。三人の親子が最後の時間を一緒に過ごすことができたのは、沙也加さんにとって最も望んでいたことでしょう。

沙也加さんが生まれた時、正輝さんと聖子さんは喜びに満ちた笑顔で彼女を迎えました。その小さな命が成長し、今では立派な女優となって多くの人々に愛される存在となったことを、二人はどれほど誇りに思ったことでしょう。しかし、35年という歳月が流れ、こんな形で娘の寝顔を見ることになるとは、彼らの胸中を察するだけでも胸が締めつけられる思いです。

21日には密葬が執り行われ、沙也加さんの遺骨とともに帰郷するとみられています。この日は奇しくも、神田正輝さんの誕生日です。自身の誕生日に娘を送り出さなければならないというのは、どれほどの悲しみであるか想像もつきません。親にとって、我が子を先に見送ることほど辛いことはありません。

広告

沙也加さんの突然の死を受けて、正輝さんの所属事務所は19日にホームページでコメントを発表しました。その際、「未だこの現実を受け止めることができない状態です」と説明し、当日に予定されていたディナーショーの中止を発表しました。また、23日から大阪で予定されていたディナーショーも中止されることが決まりました。大みそかに出演が決まっているNHK紅白歌合戦の曲目発表も延期され、聖子さんの今後の活動に注目が集まっています。

広告

AD
記事
速報