綾瀬はるか、父との別れを語る。涙ながらに明かした「あの時」の言葉…
2024/06/04

綾瀬はるか、その美しい容姿からは想像もつかない、深い愛情と心の強さを秘めた女優だ。数々のドラマや映画で、繊細な感情表現を見せ、多くの視聴者を魅了してきた彼女。だが、その輝かしい活躍の裏には、忘れられない苦しみを乗り越えてきた過去があった。

2020年、綾瀬はるかは自身のブログで、愛する父との別れを公表した。ブログには、幼少の頃からの父との思い出話と共に、深い悲しみと感謝の気持ちが綴られていた。

「父は、私にとって太陽のような存在でした。いつも笑顔で私を励ましてくれ、どんな時も味方でいてくれました。私が女優の道に進んだのも、父の背中を見ていたからかもしれません。」

綾瀬はるかは、幼い頃から父親と深い絆で結ばれていた。父親は、綾瀬はるかの夢を常に応援し、彼女の才能を開花させるため、惜しみないサポートをしてきた。綾瀬はるかの演技に対する情熱は、父親から受け継いだものと言えるだろう。

しかし、2019年、綾瀬はるかの父は病に倒れてしまう。病状は悪化し、闘病生活は長く続いた。綾瀬はるかは、仕事と介護を両立させながら、父親の傍を離れなかった。

「父は、病気になっても最後まで笑顔を絶やさなかったです。私に心配をかけまいと、いつも強がっていました。

広告

でも、私は父の苦しみが伝わってきて、胸が張り裂けるような思いでした。」

2020年、綾瀬はるかの父は息を引き取った。その瞬間、綾瀬はるかは、今まで抑えていた感情が一気に溢れ出してしまった。悲しみ、悔しさ、そして感謝。様々な感情が、綾瀬はるかの心を駆け巡った。

「父との別れは、私の人生にとって大きな悲しみでした。でも、父から受け継いだ愛情と心の強さは、これからも私を支えてくれるでしょう。父は、いつも私の心の中に生きています。」

綾瀬はるかは、父の死後も、彼の教えを忘れずに、女優として活動を続けている。彼女は、父親から受け継いだ愛情と心の強さを胸に、これからも多くの作品で、人々に感動を与える演技を披露してくれるだろう。

綾瀬はるかの父との別れは、多くのファンを感動させた。彼女の言葉は、親子の愛情の深さ、そして生と死の尊さを改めて考えさせてくれる。綾瀬はるかは、これからも女優として、そして一人の人間として、成長を続けていくことだろう。

広告

AD
記事
速報