松重豊が孤独のグルメを降板させられる原因や後任の正体に言葉を失う…..「納得いかないが、あとはお前にまかせた…」一度芸能界を引退していた理由に驚きを隠せない…
2024/06/06

広告

松重豊さんは明治大学在学中の1983年から演劇活動を始め、三谷幸喜さんが主催する東京サンシャインボーイズを経て、皆川幸夫さん主催の劇団で活動しました。1992年からテレビドラマのバイプレーヤーとして活躍し、多くの作品に出演してきました。

松重豊さんの代表作といえば、「孤独のグルメ」です。2012年に放送開始されたこのドラマは、彼にとって初主演作となり、大ヒットしました。番組内で美味しそうに料理を食べる姿が視聴者に愛され、多くのファンを獲得しました。しかし、最近では体調の問題から、食べるシーンが辛くなってきたとのことです。制作関係者によれば、松重さんは胃もたれに悩まされ、食欲が減退しているとのことです。

「孤独のグルメ」は低予算ながらも高視聴率を誇る番組で、制作費は約1200万円、松重さんのギャラは30万円とされています。しかし、この番組はDVDの売り上げや海外での配信権販売により、数億円の利益を上げていることが後に明らかになりました。松重さんもこの収益構造を知り、驚いたそうです。

広告

一方、松重さんは一時期俳優業から離れていた時期がありました。1986年に劇団に入団したものの、1989年に退団。その後、建築現場で働くなどして生活していました。しかし、友人の誘いで俳優の世界に復帰し、再び演劇の道を歩むこととなりました。

私生活では、1989年に結婚し、現在も夫婦円満に過ごしています。妻とは19歳の時に出会い、それ以来ずっと一緒にいるとのことです。娘さんと息子さんが一人ずつおり、どちらも社会に出て働いています。特に息子さんはTBSラジオのディレクターとして活躍しているそうです。

広告

AD
記事
速報