天海祐希の超男前エピソード!宝塚時代、ファンを一喝した理由とは??
2024/06/02

宝塚に首席で入団した天海さんは、わずか6年半でトップスターに上り詰めました。この短期間での昇進は異例のこと。普通ならトップスターになるには10年以上かかると言われています。しかし、天海さんの才能と努力が実を結び、異例の速さでトップに立ちました。

その天海さんがファンに対して一喝したエピソードが語り草です。宝塚ではファンとの交流の場として「お茶会」というイベントがあり、トップスターであった天海さんのお茶会は常に大勢のファンで溢れていました。ある日、写真撮影の際に一部のファンがノロノロと動いていたため、天海さんは「さっさと動いてください。時間を無駄にせず、その分たくさんお話ししましょう」と厳しく指導したのです。この言葉には、ファンともっと時間を共有したいという彼女の思いが込められていました。

また、天海さんは宝塚の男役として、従来の厳しいルールを次々と変えていきました。例えば、外出時に髪をピンで留める「よかピン」の習慣を廃止し、スプレーで固めるだけで良くするなど、現実的で合理的な変更を行いました。さらに、ファンの出待ちについても夜遅くまで待つことを禁止するルールを導入し、安全を優先しました。

こうしたエピソードからも、天海さんのリーダーシップと配慮が伺えます。そして、彼女はトップスターとして2年という短期間で宝塚を退団しましたが、その際には全てのファンに同じプレゼントを贈るという、平等な対応を見せました。通常は古参のファンと新しいファンでプレゼントの内容が変わることが多い中、天海さんは全てのファンを平等に扱い、ワイングラスを贈りました。

広告

AD
記事
速報