木村拓哉がJと言われる真相...“やっと”重たい口を開くも言葉が〇〇過ぎて過去に驚きを隠さない...「後輩に任せ過ぎ!」Snow Manにあやかっていると言われてしまった行動に一同驚愕...!!
2024/05/30

木村拓哉さん、ジャニーズ事務所に入所して以来、絶大な人気を誇り続けています。彼の物語は、1987年1月、叔母が送った履歴書がきっかけで始まりました。当時、アイドルに興味のなかった木村さんはオーディションの通知を無視していましたが、祖母の勧めでようやく参加し、ジャニーズ事務所に入所することになりました。

1991年9月、木村さんはSMAPの一員として「Can't Stop!! -LOVING-」でデビュー。その後、彼のキャリアは急速に花開き、ドラマや映画、バラエティ番組で大活躍しました。「好きな男」ランキングでは前人未到の15年連続1位を達成し、ベストジーニストでも殿堂入りを果たしました。彼が出演するドラマは軒並み高視聴率を記録し、木村さんが演じる職業が社会現象になるほどの影響力を持っていました。

しかし、2023年、旧ジャニーズ事務所の性加害問題が表面化し、事務所名がスマイルアップに変更、新たにマネジメント会社スタートエンターテインメントが設立されるなど、激動の一年を迎えました。2024年は木村さんにとって試練の年となりますが、彼は決意を新たにしています。

2024年1月1日、フジテレビの特番で木村さんは、旧ジャニーズ事務所の問題について初めて公の場で語りました。

広告

「自分の声で自分の言葉で言える場所がなかった」と述べ、一時期は落ち込んでいたことを明かしました。

木村さんは、スノーマンとの交流も深めており、彼らと共演した特番では、ドッキリの仕掛け人を演じました。また、個人的にも連絡先を交換し、自然体な交流を楽しんでいます。彼のInstagramも好調で、フォロワー数は400万人を超えています。

広告

AD
記事
速報