山田花子の“死亡”の真相…..豪遊を繰り返す旦那と離婚できなかった原因に言葉を失う…「芸人」として活躍する彼女の頭蓋骨を骨折するほどの大怪我に驚きを隠せない…
2024/06/11

山田花子さんは幼少期からタレント活動を始めた、中学生の頃にはダウンタウンの番組「ごっつええ感じ」のレギュラーに抜擢され、その後、プロレスラーを目指していた時期もありました。しかし、練習中に 頭蓋骨を骨折する重傷を負い、プロレスの夢を断念せざるを得ませんでした。

その後、お笑いの世界に戻った彼女は、独特な容姿とセクシーなギャグで人気を博しました。2000年5月6日にはトランペット 講師の福島正紀さんと結婚し、二人の子供にも恵まれました。現在は、二人の母として新喜劇に出演していますが、夫との関係には問題があるようです。

福島さんは高級なクリームや自分のホームページに多額のお金を費やすなど、浪費家として知られています。また、家計費や飲み代も花子さんが負担しており、家庭内での経済的な負担が大きいことが問題となっています。さらに、福島さんは家事や子育てに協力的ではなく、家計費を浪費するだけでなく、共同口座から無断でお金を使うこともありました。

広告

山田花子さんは、福島さんとの関係に悩みながらも、「おかえり」と言ってくれるだけで十分だと語っています。しかし、 周囲からは離婚を勧められることも多く、彼女の心は揺れ動いています。それでも、彼女は子供たちのために家庭を守り続けています。

彼女の子育てに対する思いは強く、子供たちを東大に入れたいと考えています。そのため、英語や水泳など、多くの習い事をさせています。一方で、福島さんは都内でトランペット教室の仕事をしていますが、収入は安定せず、時折大阪での生活を楽しむ姿が見られます。

広告

AD
記事
速報