篠田麻里子 逆境から「力技」で切り開いた新境地が話題に!!「まぶしかった」「純白ワンピースできれい」
2024/05/29

広告

〈自分の中では『大きな賭け』というか、この役はとっても怖い反面、チャンスにも見えました〉

ドラマ『離婚しない男—サレ夫と悪嫁の騙し愛—』(テレビ朝日系)で、篠田麻里子(38)演じる人妻が不倫相手役の小池徹平(38)との、見ていて気持ちいいほど大胆に乱れるベッドシーンは、1月クール一番の話題となった。

チャンスとなった作品の最終話放送から約1ヵ月後の4月中旬、篠田の姿は代々木公園で行われた環境フェスティバル『アースデイ東京2024』にあった。

ドラマのイメージを一新する純白のワンピースを身に纏い、トークセッションに参加。’22年にママ&ベビー向けオーガニックコスメブランド「yokayo」を設立したきっかけが、愛娘に「アトピーになってほしくない」という思いからだと語り、優しいママの顔を見せた。

「篠田はAKB48時代からドラマに出演しており、女優のキャリアは実は10年以上。ショートカットと長身が特徴的ですが、意外と記憶に残る代表作がない。

『離婚しない男』は、不倫疑惑騒動を経て昨年3月に離婚した逆境からの復帰作。あえて自身のスキャンダルを連想させる強烈な役を選んだのは、本人の言葉の通り、『大きな賭け』と言えるでしょう。

体を張った″怪演″にネガティブな意見も見られましたが、それ以上に好意的な声が寄せられた。一皮剥けた彼女には、ドラマ関係者から熱い視線が送られていますよ」(ドラマ制作会社幹部)

「力技」で新しい道を切り開いた篠田の、次回作が楽しみだ!

広告

AD
記事
速報