北島三郎の桁外れな年収と資産、馬主の収入に一同驚愕…闘病生活で歩行困難な状況に降りかかった次男・大野誠の孤独死の真相とは!?「まつり」「与作」で演歌界の大御所が歩行困難な現在は?
2024/06/05

広告

北島三郎のプロフィールと経歴

北島三郎さんは1936年10月4日、北海道尻市町にて七人兄弟の長男として生まれました。生活は苦しく、小学校三年生の時には漁業から農業に転業した両親の影響で内陸部に引っ越します。

高校に入ると不良少年となり、喧嘩に明け暮れる日々を送っていましたが、一方で歌には強い興味を持ち続け、リサイタルにも足を運んでいました。

驚愕の年収と資産

北島三郎さんの年収と資産についても話題です。2004年には年収が2億6千万円に達していたと言われており、現在はさらに増えている可能性があります。

ネット上では年収が10億円を超えるという噂もありますが、その信憑性は不明です。しかし、大豪邸を所有し、敷地にはテニスコートもあるなど、その資産は確かに桁外れです。

馬主としての成功

北島三郎さんは馬主としても有名で、特にキタサンブラックの活躍で注目を浴びました。キタサンブラックは総賞金18億7千万円を稼ぎ、引退後には13億5千万円のシンジケートが組まれました。馬主としての成功も北島さんの収入の一端を担っています。

次男・大野誠の孤独死の真相

2018年、北島さんの次男である大野誠さんが孤独死したニュースは多くの人々に衝撃を与えました。

広告

死因は心不全で、独身で一人暮らしをしていた誠さんは、体調が悪化していたにもかかわらず医師の診察を受けていなかったとされています。

長男の龍さんが誠さんを発見した時、彼は既に亡くなっており、その状況に家族は深い悲しみに包まれました。

北島三郎の現在の状況

北島三郎さんは2016年に自宅で転倒し、頚椎症性脊髄症と診断され入院。その後、リハビリを経て再び歩けるようになりましたが、完全な回復には至っていないようです。それでも、2020年の公演に姿を見せ、「引退はしない」と力強く宣言しました。

北島三郎さんは現在86歳ですが、まだまだその貫禄は健在です。いつまでも健康で元気な姿を見せてくれることを願っています。

広告

AD
記事
速報