元TOKIO 山口達也 講演会 アルコール依存症と闘う 「今の自分を受け入れる」
2024/06/04

広告

元TOKIOのメンバー、山口達也さん(ご12歳)は、昨日「人生を諦めない」をテーマに、依存症と向き合う日々について講演会を行いました。山口さんは2018年に未成年に対する不祥事を起こし、ジャニーズ事務所を退所。その後、2020年には飲酒運転によるバイク事故で逮捕されました。

「あっという間の出来事でした」

二千十八年に未成年への不祥事を起こしてから、すぐに事態は急転直下。その二年後には、飲酒運転による事故で再び逮捕されました。この事件により、山口さんは自分がアルコール依存症であることを公表しました。

アルコール依存症との闘い

「アルコール依存症と闘う日々は厳しいものでした」と山口さんは振り返ります。退所後、彼は専門の病院で治療を受け、自助グループの活動にも参加しました。「毎日が戦いでした。依存症からの回復は簡単なことではありません。けれども、それを受け入れることで、自分を新たに見つめ直すことができました」と彼は語ります。

自己肯定感の低さが原因芸能生活は順風満帆に見えましたが、山口さんの心の中では常に自己肯定感の低さがありました。「他人と比べて自分はできていない、と感じることがストレスの原因でした。

広告

それが依存行為につながってしまったのです」と彼は説明します。

今の自分を受け入れる

山口さんは現在、株式会社山口達也を設立し、お酒を一滴も飲まない生活を続けています。「アルコール依存症であることを認め、今の自分を受け入れることが大切だと思います。苦しいことを見ないふりをするのではなく、受け入れることによって、人生が少しずつ楽になっていくのです」と力強く語ります。

山口達也さんの講演は、多くの人に勇気と希望を与えるものでした。アルコール依存症との闘いを乗り越え、今の自分を受け入れることの大切さを改めて教えてくれました。彼の言葉は、依存症に苦しむ多くの人々にとって、光となるでしょう。

広告

AD
記事
速報