【めざましテレビ】千野志麻アナが起こした死亡事故の結末や現在に驚愕!被害者親族『一生、憎みます』と悔し泣き...闇の力が動いた実態がヤバすぎた!
2024/05/22

広告

フジテレビの元アナウンサーである千野志麻さんは、2006年に結婚し、華々しい結婚生活を送っていましたが、2013年1月に静岡県沼津市で死亡事故を起こし、フリーアナウンサーとしての活動を休止しました。夫の横手真一さんもガンに侵され、一時は危機に陥りましたが、現在は専業主婦として家族を支えています。しかし、事故の被害者の遺族は今も悲しみから立ち直れておらず、千野さんに対する憎しみを募らせているようです。

紫野さんの夫の収入は高収入で、ゴールドマンサックス証券に勤めていることから、一般人にもかかわらず年収は5000万円とも言われています。事故により罰金100万円という異例の軽い罪に問われたことや、事故後に遺族に対する誠意が感じられないことから、遺族の心の傷は深いままです。一方で、千野さんは夫の病を乗り越え、子供たちの母親として前を向き始めたようです。長野県軽井沢にある約2億円の別荘で家族や友人たちとの時間を楽しんでいるそうです。しかし、被害者遺族の心の傷は癒されることはなく、千野さんに対する憎しみは消えることはありません。一度起こした事故が人生を一変させることを改めて感じさせられる内容となっています。今後も遺族への償いの気持ちを忘れず、遺族への挨拶を続けてほしいと願っています。

広告

AD
記事
速報