散歩で『帰宅拒否』をする柴犬 その姿に「これは震える」「強すぎるだろ!」
2024/04/28

広告

大切なペットの日常的な運動として欠かせない、犬の散歩。

できれば日が出ているうちに済ますのが好ましいものの、夏などの暑い時期や、日中の天候が悪い日などは、散歩の時間帯が遅くなってしまうこともあります。

また、犬種や性格によっては1日に複数回の散歩が必要なため、夜に『散歩タイム』を設けている飼い主もいるのです。

『光る首輪』を使って柴犬の散歩をしたら…

夜の散歩は周囲が暗いため、昼の散歩以上に安全面へ配慮しなくてはなりません。

そのため、多くの飼い主が所持しているのが、 光るグッズ。暗闇で光るタイプの首輪やリードを使えば、周囲の人に犬の存在を伝えることができます。

柴犬の、ふう太くんと暮らす飼い主(@fufufufufu_ta)さんも、そういった光るグッズを活用している1人。

夜に散歩へと繰り出す際、ふう太くんに赤く光る首輪を装着しています。安全面が確保できるため、とても便利な首輪。しかし、1点だけ 大きな問題があるようで…。

「あまりにも顔が怖すぎる…!」

首元で光っている、赤い首輪。暗い中でもしっかりと目立つため、安全面での効果は抜群なのですが…ふう太くんが 恐ろしいモンスターのような風貌に!

広告

顔の下から赤色の光が当たり、ホラー演出のようになっています。反射によって、目まで赤く光っているように見えますね。

飼い主さんによると、この時は 「まだ散歩から帰りたくない!」と駄々をこねていたのだとか。その風貌も相まって、凄まじい迫力を放っていたことでしょう…。

ちなみに、日中のふう太くんの姿がこちら。普段の愛らしい顔と、『夜の散歩モード』時とのギャップがよく分かります!

ふう太くんが見せた一面に、ネットを通して多くの人が恐れおののいた模様。「これは震える」「あまりにも強すぎるだろ!」といった声が上がりました。

周囲の人間たちに自分の存在を誇示しながら、夜道を歩く犬たち。見た目は少し恐ろしいものの、社会の安全を守る意識に満ちているはずです!

広告

AD
記事
速報