大ブレイクしたエレキテル連合が急に消えた理由….芸能界の闇が関係していた?
2024/04/01

広告

2019年、日本エレキテル連合が急に消えた理由が表面化しました。

かつて大ブレイクし、人気絶頂だったエレキテル連合が、一夜にして姿を消した理由には、その実態とは裏腹に様々な問題が浮かび上がっています。

まず、エレキテル連合が急に消えた理由のひとつとして、未亡人朱美ちゃんシリーズの封印が挙げられます。2015年初めから既に「消えた」と言われていたエレキテル連合は、一発屋に終わりたくないという危機感から、流行語大賞を受賞した直後に「朱美ちゃん」を封印してしまったと言われています。これは、本人たちが他のネタにも自信を持っていたにも関わらず、需要があるのは朱美ちゃんと細貝さんだけであったことが理由とされています。

また、エレキテル連合が急に消えた理由のもう一つは、テレビ関係者との契約交渉におけるわがままぶりです。所属事務所であるタイタンが、人気急上昇中のエレキテル連合のギャラを2倍にするよう要求し、さらに条件をつけるなどの行動が一因とされています。この時の条件は、エレキテルの2人を素顔で出演させることや、「だめよ~だめだめ」のネタ以外をやることなどで、これに応じないテレビ局がオファーを見送ったため、出演機会が減少してしまったということです。

広告

さらに、エレキテル連合が急に消えた理由として、2人のトークの下手さも挙げられます。ひな壇トークでの実力不足が指摘され、特に橋本さんのトークの素人らしさや中野さんの人見知りなどが問題視されました。トークが面白くないことから、テレビへの出演が制限されるようになってしまったとされています。 以上のように、日本エレキテル連合が急に消えた理由は複合的な要因が絡んでいます。

人気の一発屋で終わりたくないという意識や、契約交渉の問題、トーク力の不足などが重なり、結果的にエレキテル連合は芸能界から一時的に姿を消すこととなりました。

彼らの再登場を期待する声もあがるなか、今後の活動に注目が集まることでしょう。

広告

AD
記事
速報