「誰か一人にフィーチャーしないで」…『GTOリバイバル』で小栗旬がみせたグレートすぎる気遣い
2024/03/28

広告

伝説のドラマ『GTO』が『GTOリバイバル』として、26年ぶりにフジテレビ系で一夜限りの復活を遂げた。この復活版では、かつての主演・反町隆史が再び、問題を抱えた生徒たちに熱いメッセージを送る破天荒教師・鬼塚英吉役を演じた。令和の時代に復活する『GTO』は、フジテレビが番宣に力を入れ、松嶋菜々子や窪塚洋介など、豪華キャストが注目を集めた。

放送前には、『ひらけ!パンドラの箱 アンタッチャブるTV』で「GTO同窓会」と題したリモート出演があり、反町隆史や山崎裕太、窪塚洋介、小栗旬らが参加。撮影の裏話や当時のエピソードが語られた。特に、小栗旬からフジテレビに対して「誰か一人だけを特別扱いしないでほしい」という要望があり、これは彼が先輩俳優たちへの敬意と気遣いから来たものだった。結果、番宣では小栗を特別扱いすることなく、他の出演者と同等に扱う配慮がなされた。かつてドラマでいじめられっ子役を演じた小栗のこの行動は、先輩へのリスペクトを象徴しており、多くの人々に感銘を与えた。『GTOリバイバル』の放送は、新旧ファンに向けた熱いドラマの復活であり、出演者の絆と成長も同時に描かれた一夜となった。

広告

AD
記事
速報