小学2年生の驚きの回答...算数のテストでは×でも、大人の世界では100点満点!
2024/03/26

広告

算数の授業で出された時間計算の問題に対して、ある小学2年生が示した解答が、ただの算数の問題を超えた教訓を与えて話題になっています。この生徒は、親からの教育の賜物として、ただ正解を導き出すだけでなく、実生活での実践的な知恵も反映させたのです。

【問題】ゆきこさんが家から駅まで30分かかる場合、8時50分に駅に着くためには、何時に家を出れば良いか、そしてその理由も述べよ。という問題に対して、この生徒は「家を8時15分に出るべき」と回答しました。8時20分に家を出ると、ぎりぎりになってしまうため、5分前には行動するべきだという考えを示しました。これは、時間に余裕を持って行動することの大切さを、日ごろから親に教わっていたからこその解答でした。

この生徒の回答は、算数のテストとしては間違っているかもしれませんが、実生活での貴重な教訓を含んでおり、社会人としては満点の答えと言えるでしょう。親から学んだ「時間に余裕を持つことの重要性」は、多くの場面で役立つ価値ある教訓です。

ネット上でも、「この子には花丸をあげたい」「算数では不正解でも、人生の問題では正解」「理由もしっかりと考えている。これぞ模範解答」といった声が多数寄せられました。この小学2年生の解答は、単に算数の問題を解く以上のものを私たちに教えてくれます。時間を守ることの大切さ、そして何事も余裕を持って行動することの重要性を、改めて思い出させてくれるのです。

広告

AD
記事
速報