結婚生活中家事育児を放棄した夫「新たな恋が見つかった。別れよう」私「了解」→手切れ金を受け取ったその後の意外な展開...
2024/03/26

広告

結婚生活の中で、家事や育児から距離を置いていた私。しかし、夫が「別の人を好きになった」と言ってきた時、私は離婚に快く同意しました。離婚の際、夫は手切れ金としてある額を渡してきました。その後、私は養育費の支払いを続けながら新たな人生を歩み始め、再婚に至りました。

数年後、偶然前夫とその娘に再会した私は、前夫の様変わりに心を痛めました。彼はシングルファーザーとして頑張っており、私はそんな彼に対して深い罪悪感を感じていました。前夫は私に子供のイベントへの参加を望んでいましたが、私は自分にその権利がないと感じていました。かつての自分を捨て、趣味や生活習慣を一新した私ですが、前夫との過去に対して未練はなく、ただただ申し訳ないという気持ちでいっぱいでした。

インターネット上では、養育費の問題についてさまざまな意見がありますが、私は子供のために月々の養育費を支払い続けることを選びました。子供を直接見ることが辛く、昔の自分を思い出してしまうため、できれば距離を保ちたいと思っています。この経験は私にとって深い反省と学びを与え、今の生活をより大切にするきっかけとなりました。

広告

AD
記事
速報