「土佐のほっぱん」70年以上祟りと恐れられた謎の奇病
2024/03/19

広告

「土佐のほっぱん」と呼ばれる奇病が70年以上も祟り続け、地元の住民たちを恐れさせています。この奇病は、発熱や体のしびれ、意識不明などの症状が現れ、その原因や治療法が分かっていないため、多くの人々が犠牲となってきました。地元の伝承では、この奇病はある神社の祟りや呪いが原因だと言われており、地元の人々は神社に祈りを捧げるなどして、奇病から身を守ろうとしています。しかし、現代医学の進歩にもかかわらず、土佐のほっぱんは未だに謎に包まれており、この奇病に苦しむ人々の叫びは枯れることがありません。今後もこの奇病の解明と対処法の開発が望まれています。

広告

AD
記事
速報