岡本カウアンがtimeleszの新メンバーオーディション応募? ブレイキングダウン出場に続き売名? 批判殺到し炎上
2024/04/02

広告

  ジャニー喜多川さんの性加害を告発した元ジュニア(旧ジャニーズJr.)で、格闘技イベント『Breaking Down』への出場でも注目を集めている歌手・岡本カウアンさん(別名=カウアン・オカモト 27歳)が、『Sexy Zone』改め『timelesz(タイムレス)』の新メンバー募集オーディションに言及し、ネット上で物議を醸しています。

  岡本カウアンさんは、3月30日に開催された『Breaking Down11.5』に初出場し、芸能活動なども行っている“むらけん”こと村松健太さん(23)と対戦しKO勝利しました。

  岡本カウアンさんは、元『King & Prince』で現在は『Number_i』で活動中の平野紫耀さん(27)と同期で、2012年に旧ジャニーズ事務所(現SMILE-UP.)に入所後、ドラマ『GTO』(フジテレビ系)や『Rの法則』(NHK Eテレ)などに出演し、比較的メディア露出が多い人気ジュニアだったものの、素行不良などもあってかデビューには至らず2016年に退所しました。

広告

  岡本カウアンさんはソロで音楽活動を行う中、2022年に元YouTuberで国会議員の東谷義和さんとのYouTubeコラボでジャニー喜多川の性加害を告発し、話題となりました。BBCや日本外国特派員協会での取材・記者会見により、この問題は大きな波紋を呼び、ジャニーズ事務所の廃業に影響を及ぼしました。しかし、カウアンさんは他のタレントを巻き込んだ発言や、過去の金銭トラブルなども明らかにし、複数の面で批判を受けています。元ジュニアの田中斗希さんからは、加害告発に疑問を投げかけられたこともあります。また、『ユー。ジャニーズの性加害を告発して』の出版やブレイキングダウン出場などが、売名行為と見られがちで、旧ジャニーズファンからは特に不評です。timeleszの新メンバーオーディションへの応募に関する投稿には、冗談にも笑えないと怒りの声が上がっており、これ以上のアンチを増やさないためには、慎重な行動が求められます。

広告

AD
記事
速報