芸能事務所フィットとエンプロが破産の理由は…杉原杏璃がギャラ未払い問題告白、壇蜜の体調心配の声も相次ぐ
2024/03/28

広告

タレントの壇蜜さん、俳優の柾木玲弥さんなど、数多くのタレントを抱えている芸能事務所『フィット』と関連事務所『エンプロ』などが、22日付で東京地方裁判所から破産手続き開始決定を受けたことが明らかになりました。

国内最大手の信用調査会社『帝国データバンク』などによると、 破産したのは代表が同じ『フィット』『エンプロ』『ロジック』の3社で、負債額は現在調査中としています。

フィットは1995年に設立され、所属タレントは壇蜜さん、柾木玲弥さん、吉木りささん、杉原杏璃さん、大原がおりさん、上原歩さん、なな茶さん、元『アイドリング!!!』の加藤沙耶香さん、秋吉久美子さん(業務提携)など50人以上が在籍しています。

<↓の画像は、フィットの主な所属タレントの写真>

(左から)壇蜜さん、吉木りささん、杉原杏璃さん、柾木玲弥さん

一方のエンプロは1998年に『ENプロ』の社名で設立され、2005年にフィットとタレントマネージメント事業を統合、その後社名を『フィットワン』『エンタテイメント・プロダクツ』に変更し、2018年から現在の社名となりました。

広告

エンプロには、童謡『いぬのおまわりさん』の歌唱で話題になり、童謡歌手として史上最年少でCDデビューした“ののちゃん”こと村方乃々佳さん等が所属し、かつてはタレントの乙葉さん、女優の佐藤寛子さん、モデルの畑田亜希さん等も所属していました。

ロジックは、テレビ番組やCMの企画・運営などを手掛けていた会社でした。

フィットの破産原因など詳細は不明ながら、2020年以降の新型コロナウイルスの感染拡大による影響で大手芸能事務所も大きな打撃を受けており、フィットは多くのタレントを抱えている事務所ながら、現在も活躍している知名度の高いタレントは少なく、コロナ禍で業績が大きく低迷して多額の負債を抱え、首が回らない状態になっていたのかもしれません。

実は、フィットの破産が明らかになる前から、所属タレントの杉原杏璃さんが自身のX(旧ツイッター)で不穏なつぶやきをしており、杉原さんは8日時点で今後フリーで活動していくことを発表した後に、「皆さん贈り物をよくしてくださいますが フィットに送っていただいてももうないので、私は受け取ることが出来ず…宛先不明で面倒なことになると本当に申し訳ないので よろしくお願いします」と、事務所がすでに存在しないことを明かしていました。

続く投稿では、「かなり前からギャラ未払いのまま突然なくなったよー なんでだろねーー」と綴り、タレントにギャラを支払えなくなるほどの状態になっていたことを明かしていました。

広告

<↓の画像が、杉原杏璃さんのX投稿写真>

そして、今回の事務所破産報道を受けてネット上では、事務所の看板タレントである壇蜜さんの体調を心配する声も多く上がっています。

壇蜜さんは昨年から、祖母やペットを亡くした喪失感などによって不眠症や食欲不振などの症状を訴え、体調が不安定で激ヤセし入退院を繰り返しており、現在も仕事はセーブしてラジオ番組出演やナレーション業を中心としています。

そのため、壇蜜さんの体調面や今後の芸能活動を不安視する声が上がっているのですが、また別の事務所に移籍するなどして活躍する姿を見せてほしいです。

広告

AD
記事
速報