ガキ使のタイキックの人の正体…実はとんでもない経歴の持ち主だった…
2024/03/28

広告

毎年の年末恒例のガキの使いの笑ってはいけないシリーズを楽しみにしている方は多いのではないでしょうか?

毎年お約束のココリコ・田中さんが受けるタイキックですが、今回はその際、タイキックする「タイキックさん」という人物が登場しました。彼の正体は、実はとんでもない経歴の持ち主であることがツイッターで話題になっています。

ガキ使におけるタイキックの人物は、本名はハーカム・ナロンパットといい、愛称はトースー・ナ・ノンタチャイ、通称はSO(ソー)として知られています。彼は40〜50歳程度で、職業はムエタイジムでのトレーナーとして30年の経歴を持つムエタイトレーナーです。

ハーカム・ナロンパットさんは、過去にムエタイの選手として200戦以上の戦績を持ち、元ラジャダムヌンスタジアムの1位に輝いたこともあります。さらに、現在はムエタイジムのトレーナーとして指導に当たっています。彼はその道で一流の人物であり、その実力はかなりのものであることが伺えます。ガキ使でタイキックをしている姿とは裏腹に、彼はプロのムエタイ選手として長いキャリアを積んできたのです。 ムエタイは、タイの伝統的な格闘技であり、歴史も古く、その技術や精神力は高く評価されています。そのため、タイキックを罰ゲームとして受ける姿は、その背景に多くの努力や経験があることを思うと、微妙な気持ちになるかもしれません。

しかし、ハーカム・ナロンパットさんはこの罰ゲームを楽しんでいる様子で、それもまた一興であると言えるでしょう。

広告

番組では手加減された形で行われているものの、プロの技を受けるのは痛みを伴うことは確かです。

そのため、一般の人々が彼のスキルを間近で体感することは難しいかもしれませんが、その姿は多くの人に勇気と感動を与えていることでしょう。

広告

AD
記事
速報