【衝撃】堀江貴文氏、週刊誌に「真っ赤な嘘のタレコミ」をした人の“その後”明かす 「ビビったのでしょう」
2024/02/05

広告

実業家の堀江貴文氏と元大阪府知事の橋下徹氏が、週刊誌の虚偽報道について言及した。特に、サッカー日本代表の伊東純也選手が関わる報道が発端で、伊東選手が女性2人との飲餐後に同意なしでせい行為を行った疑惑が『週刊新潮』によって報じられた。これに対し、伊東選手は虚偽告訴の疑いで大阪府警に告訴状を提出し、現在調査中である。伊東選手はアジアカップ参加のためカタールにおり、日本サッカー協会は一時離脱を発表したが、後に保留とした。

堀江氏は、虚偽報道の問題を自身の経験から語り、「週刊誌に嘘を垂れ込む人が実在し、その結果として偽証罪のリスクがあるにも関わらず、週刊誌は証拠が薄弱なまま報道を行う」と指摘。橋下氏も週刊誌の過剰な報道による自身の経験を共有し、虚偽報道に対する慰謝料が少なすぎると述べた。

広告

AD
記事
速報