大谷翔平会見の翻訳漏れ発覚!多言語を操る吉本新喜劇・曽麻綾が明かす衝撃の事実
2024/03/31

広告

  読売テレビの「今田耕司のネタバレMTG」では、ドジャースの大谷翔平選手の元通訳、水原一平氏の違法賭博問題を特集しました。大谷選手は問題について初めて自ら説明し、関与を否定。しかし、質疑応答の時間が設けられず、特に海外メディアからの批判が集中しました。番組に出演した吉本新喜劇の曽麻綾は、多言語を駆使してこの問題を分析。会見で大谷は日本語で「シーズンに向けて、またスタートしたいですし、今日お話しできて良かったなと思っています。

  大谷選手の会見での発言「これが今お話しできるすべてなので質疑応答はしませんが、これからさらに進んでいくと思います」が、代理のウィル・アイアトン氏による通訳で一部抜け落ちていた可能性を指摘しました。これにより、大谷選手が伝えたかった「これ以上ないから質疑応答しない」という意図が海外メディアに正しく伝わらなかった可能性があります。MCの今田耕司はこの通訳の抜け落ちについて海外の記者たちも理解していない可能性を示唆しました。

広告

AD
記事
速報