【ドキュメンタリーの弱点】「NHKは自分たちのプライドを捨てた…」プロフェッショナル仕事の流儀・庵野秀明SPを振り返りドキュメンタリーの問題点を語るオタキング。
2024/02/06

広告

「NHKが自分たちのプライドを捨てた」とオタキングこと岡田斗司夫が述べる、プロフェッショナル仕事の流儀・庵野秀明SPのドキュメンタリーにおける問題点について切り抜き。岡田氏は、このドキュメンタリーが製作者側の意向や意図を強調しすぎる傾向があり、視聴者の興味を引きにくくなっていると指摘。また、インタビューのやり方や構成にも問題があると話す。岡田氏は、ドキュメンタリーは事実を客観的に伝えるべきであると主張し、製作者の個人的な意見や主張が過剰に盛り込まれることは好ましくないと述べた。一方で、ドキュメンタリーは視聴者に深い洞察を与える能力を持っており、その良さを活かすべきだとも語っている。

広告

AD
記事
速報