【人生相談】「絵の練習よりコレをやるべき」学生のうちにすべき、アニメ監督になるためのことを答えるオタキング。
2024/02/06

広告

アニメ監督を目指す学生に、アニメ愛好家であり著名な評論家である岡田斗司夫さんがアドバイスを述べました。絵の練習よりも、まずはアニメの制作プロセスや業界の仕組みを理解することが大切だとのこと。絵の技術は後からでも磨くことができますが、アニメ制作に関する知識がなければ監督としての立場は難しいと言います。監督は、キャラクターデザインやストーリーボードを含めた全体の進行管理が求められるため、漫画家やイラストレーターのように絵にのみこだわるのではなく、広い視野で物事を考えられる力が必要だと強調されました。また、アニメ制作現場に積極的に参加することも重要であり、実際の現場での経験を通じて貴重なノウハウを身につけることができると述べています。絵の練習は続けつつも、アニメ制作への理解や経験を積んでいくことが、アニメ監督を目指す学生にとっての第一歩となるのでしょう。

広告

AD
記事
速報