「圧倒的に松ちゃん有利」は本当か…“VS文春”で松本人志が序盤に堀った「大きな墓穴」
2024/03/27

広告

ダウンタウンの松本人志さんが文藝春秋との間で法廷闘争を展開している件について、注目が集まっています。松本さんは昨年末、性的行為を強要したとの報道を受け、文藝春秋に対し精神的損害の賠償を求めて訴訟を起こしました。この訴訟に対し、高須克也氏がX(旧ツイッター)で松本さんの支持を表明するなど、世間の関心は高まっています。文藝春秋側は11人の証言を基にした追撃記事を発表しており、松本さんはこれに対抗するため芸能活動を休止し、裁判に専念しています。

文藝春秋の報道に対し、松本さん側は事実無根であると主張しており、一部の芸人やセクシー女優も文藝春秋の報道手法に疑問を呈しています。法廷では、報道の真実相当性が争点となりますが、具体的な法廷戦略は明らかにされていません。関係者によると、証言が重要視される見通しであり、特に現場に居合わせた人物の証言が鍵を握るとされています。

松本さんは事件初期に、被害を訴えるAさんからの感謝を示すメッセージを公にしましたが、この行為が裁判における有利な証拠とはならない可能性が指摘されています。Aさんからの別のメッセージが裁判所で重要な証拠となることも予想されており、法廷闘争の結果は予測が難しい状況です。

松本さんは最近、公にコメントを発表し、早期の解決とお笑い活動への復帰を願っていますが、訴訟の行方には多くの不確実性が残っています。この法廷闘争は、性加害問題の取り扱いやメディア報道のあり方について、再び社会的な議論を呼ぶことになりそうです。

広告

AD
記事
速報