【驚き】大谷翔平の通訳・水原一平が解雇された原因に衝撃…妻を紹介した選手の真相に興奮!『侍ジャパン』『ロサンゼルス・エンゼルス』通訳の結婚式に大谷翔平のサプライズが驚異的だった…
2024/02/01

広告

水原一平さんの生い立ち

水原一平さんは北海道苫小牧市で生まれ育ちました。父親は和食料理人であり、アメリカで和食店を開くために家族で渡米したと言います。大学卒業後、アルバイトやカジノディーラーの学校に通いながら様々な仕事を経験しました。その後、日本酒メーカーに入社しましたが、営業職では上くなかったと言われています。

水原一平さんの通訳キャリア

ロサンゼルスで育った水原さんは、ドジャーススタジアムで日本人メジャーリーガー達の試合を見に行っていました。そして、2009年のWBCの決勝戦でイチロー選が活躍し、侍ジャパンと野球の仕事をしたいと感じたと言います。その後、岡島秀樹さんとのタッグで活躍し、日本ハムの通訳となりました。

水原一平さんの結婚と家族

結婚については詳細な情報は公表されていませんが、妻となる女性は名前や詳細な情報については一般の方とのことです。大谷翔平選から結婚を祝われるなど、大谷選との関係性が垣間見えるエピソードもあります。

大谷選との強い絆

水原一平さんは、大谷翔平選の専属通訳として、彼の成功に寄り添い続けています。大谷選と水原さんの関係は、通訳と選の関係を超えており、ほぼプライベートな関係とも言えます。

大谷選は、エンゼルスの球団売却に伴う改革で水原一平さんに解雇通告が出された際には、水原さんを守るために契約交渉を行ったと言われています。大谷選の強い思いが実を結び、水原さんはエンゼルスでの通訳を続けることとなりました。

このように、大谷翔平選と水原一平さんの絆は非常に強く、お互いを支え合いながら活躍しています。

広告

AD
記事
速報