加護亜依がセクシー女優デビュー説の真相激白。元所属事務所社長に騙され仕事ドタキャン、自殺未遂騒動にも発展し..
2024/04/01

広告

  加護亜依さん(36歳)、元『モーニング娘。』メンバーで現在は歌手・タレント活動をしていますが、人気YouTuberのヒカルさん(本名:前田圭太、32歳)とのYouTubeコラボで、過去に所属していた事務所関係者による騒動を赤裸々に語りました。彼女は、モーニング娘。を脱退した後、セクシー女優としてデビューさせられそうになった経緯を明かし、この告白にはネット上で様々な反響がありました。

  加護さんは、元『雨上がり決死隊』の宮迫博之さんと共に、お酒を飲みながらのトークで、枕営業のようなオファーがあったこと、角川映画と説明されたが、実はセクシービデオの撮影だったこと、撮影がハワイで予定されていたが事務所を信用できずドタキャンしたことなどを告白しました。この問題がニュースになり、当時は「加護亜依」という名前が事務所に商標登録されてしまったり、自分が無知だったために利用されていたと振り返りました。また、セクシー作品への出演についても触れ、「当時は興味があった」と語っています。これに対するネットの反応は様々で、過去のトラブルや現在のイメージについて様々な意見が出ています。

広告

AD
記事
速報