元メジャーリーガー・松井秀喜が人前で悪口を言わない理由…人格まで超一流だった….
2024/03/31

広告

松井秀喜と言えば、国民栄誉賞を受賞した誰もが知る有名人であり、彼自身も「人の悪口は絶対に言わない」と公言している。これは作家の伊集院静が松井秀喜の人前での悪口を言わない理由について語ったもので、伊集院静は多くの文学賞を受賞している実力派作家である。

伊集院静と松井秀喜は、ある出版社の企画で初めて対談することとなり、その後は家族同士の交流が生まれた。松井秀喜は人前で常に誠実な姿勢を示し、人の悪口は絶対に言わないという。これは中学生の頃、自身が友人の悪口を言った際に父親から叱責され、「人の悪口を二度と言わない」と約束させられたことがきっかけだった。

対談の際に、伊集院静は松井秀喜に悪口を言ったことがあるか尋ねると、松井は一度もないと答えた。その真摯な態度に、周囲のスタッフや奥さんである篠ひろ子も感銘を受けた。

また、伊集院静は松井に「バッティングフォームをけなされた時など、どうするのか」と質問すると、松井は「言いたい時は山ほどある」と笑顔で答えた。

広告

対談後、奥さんの篠ひろ子は松井秀喜の人間性に感動し、「こんな素晴らしい若者が日本にいることが救いだ」と語った。それに続いて、居合わせた鮨屋の主人も松井秀喜の特別な魅力を認め、彼を賞賛した。松井秀喜は特別な存在であり、その人間性や努力が一流の選手として成長する原動力となっていた。

松井秀喜の誠実さや人間性は、多くの人々に感動を与え、彼が国民栄誉賞を受賞するまでの道のりを一層輝かしいものにしていった。彼の美しい生き方は、多くの人々に希望と感動を与え続けている。

広告

AD
記事
速報