記事
このクジラを見て世界中が愕然
2024/06/26

広告

現代の生活はかつてないほど豊かで快適になりましたが、その快適さの背後には地球に大きな代償を強いている現実があります。特に、プラスチックごみが環境に与える影響は深刻です。

海洋生物への深刻な影響

亀たちは約2億2000万年間、この地球で快適に暮らしてきました。しかし、現在、亀の356種類のうち約61%が絶滅の危機に瀕しています。アメリカの生物学者ジェフリー・ロビック氏率いる研究チームが発表したデータによれば、主な脅威は生息環境の破壊、食用と販売のために仕掛けられる罠、病気、気候変動、そしてプラスチック廃棄物による汚染です。

広告

動物たちはプラスチックごみを食べ物と間違えて食べ、喉に詰まらせたり、体内に取り込んで死んでしまうことがあります。海洋はまるで地雷原のようになり、生物たちにとって危険な場所となっています。

悲しい現実

コスタリカの沿岸で、研究者のクリスティン・フィギナー氏とそのチームが海亀を見かけました。その亀の鼻からは何かが出ていました。最初は寄生虫だと思ったのですが、実際にはカクテル用のプラスチックストローでした。彼らが引き抜こうとすると、ストローはかなり深く刺さっており、亀は痛そうにしました。このストローは亀の頭と同じくらいの長さがあり、どうやら長い時間刺さっていたようです。

広告

同じようなことが再び起こりました。研究チームが観光客と一緒に海亀の生息地を散歩していると、鼻からプラスチック製のフォークが刺さっている亀を見つけました。フィギナー氏はこの状況に心を痛め、すぐに亀を救助しました。

プラスチックごみの影響

イギリスのエクセター大学とプリマス海洋研究所の専門家たちも、毎年何千匹もの海亀がプラスチック製の漁網に巻き込まれて死んでいると報告しています。

記事はまだ終了していません。次のページをクリックしてください

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=jUEns_qdusQ,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

大量のオオスズメバチの中にカマキリを入れると...
2024/07/15
絶対に出会いたくない!7種の世界の危険な魚
2024/06/26
赤ちゃんを守るためにコブラと戦った犬。例えその身が終わろうとも、家族を守り抜いた姿に涙が溢れる【感動】
2024/06/26
農夫はニワトリの卵をワシの巣にこっそり置きました! その後ヒヨコに起こったことは・・・
2024/06/26
少年は海で魚にエサやりをしていました。突然、海面に姿を見せたのは・・・!
2024/06/26
原田知世の若い頃がかわいいと話題! 現在の姿をインスタで見てみると…
2024/07/24
【大正時代 文化】110年前の東京はどんな感じだったのか?街並みに現れた変化とは?大正時代から続く、あれとは?明治から続く大正時代の動画、カラー動画
2024/07/24
【※閲覧注意】江戸時代の残酷すぎる処刑方法6選
2024/07/24
【衝撃の歴史館】昭和の真冬!貴重な北海道旭川市のモノクロ写真をカラー復刻!! / 武藤大輔
2024/07/24