「イヤだったね」禁止!耳鼻科院長の注意書きが注目を集める!
2024/03/26

広告

医療現場で子どもたちが経験する治療へのアプローチとその受け止め方に、新たな光を当てる試みが行われています。特に、子どもたちが苦手とする耳鼻科の処置に対する保護者の反応を見直そうという動きがあり、その代表例としてある耳鼻科院長の取り組みが注目されています。院長が診療所に掲示したメッセージは、子どもたちが耳掃除や鼻水吸引などの治療を嫌がる際に、保護者がしばしば口にする「いやだったね」や「ごめんね」といった言葉遣いに焦点を当てています。

院長は、このような反応が治療を受ける子どもたちに対し、誤解を招く可能性があると指摘。治療は子どもたちの健康を良くするために必要なことであり、その目的を見失わせるような言葉遣いは避けるべきだと訴えています。その上で、保護者に対して、子どもたちを励ます「がんばったね」「はやくよくなろうね」といったポジティブな声かけをするよう呼びかけています。

この院長の張り紙は、医療体験における言葉の力を再認識させるもので、子どもたちだけでなく医療提供者にとっても、治療行為が「悪いこと」であるかのような誤った印象を与えないようにすることの重要性を強調しています。

この院長の提言は、たとえ小さな声かけであっても、子どもたちの医療体験にとってプラスの効果をもたらすこと、そしてそれが医療提供者自身の感情にも良い影響を与えることを浮き彫りにしています。治療過程での適切なコミュニケーションは、子どもたちが医療をより良いものとして受け止めるための重要な一歩であることを示しています。

広告

AD
記事
速報