逃走中の暴走車を制止する警察の技術、その勇気と華麗さが話題に
2024/03/26

広告

逃走中の車両が社会に与える脅威は計り知れません。「スピード違反で捕まりたくない」、「強盗後に逃げる犯人」など、様々な理由から暴走する車両。これらは猛スピードで反対車線や歩道にまで進入することがあり、極めて危険です。そんな中、エストニアの警察が、これらの危険な車両を効果的に停止させる方法を公開し、注目を集めています。今回は、その素晴らしいアイテムと警察の勇敢かつ華麗なテクニックについて紹介します。

暴走車両を止めるため、警察はまず逃走車が通りそうな経路を予測し、その周辺を封鎖。待ち伏せの結果、逃走車が現れたところで、警察は前方に何かを投げ入れます。一見、カバンのような塊に見えたそれは、投げられる勢いでひものように広がり、車はそのひもを踏みつけて逃走を試みますが…。

作戦が失敗したかのように見えましたが、追跡を続けた警官達は、タイヤがパンクした逃走車を見つけ出し、犯人を無事に確保。使用されたアイテムの名前は「スパイクストリップ」。これは簡単に言うと、ひも状のまきびしで、車のタイヤがこれを踏むと穴が開きパンクを引き起こします。撤去も簡単で、非常に便利な道具です。

しかしこの方法、車の前にタイミング良くスパイクストリップを設置するのは、相当な危険を伴います。その危険を顧みずに行動する警察官の勇気と技術は、まさに賞賛に値します。このようにして、社会の安全を守るために日々努力する警察官達の存在は、私たちにとって非常に大切なものです。彼らの勇敢な行動と技術によって、多くの危険が未然に防がれているのですから。

広告

AD
記事
速報