バスの中でベビーカーのお母さんに不満があった時、おばあさんが言った言葉に賞賛の嵐!!
2024/03/26

広告

バスの中、ベビーカーを押している母親に向けられた小さな不満。そんな日常の一コマで、思わぬ温かさを見せた一人のおばあさんの話です。ある日、子育てに日々奮闘する一人の母親が、スーパーへの買い物のためにベビーカーを使ってバスに乗りました。そのバスは、二、三人が立つ程度の混雑ぶり。その状況下で、「ベビーカーは邪魔だ」というような文句が聞こえてきました。「なぜ畳まないの?」や「こんな時間に乗るなんて」という声も。そこにいたのは、優先席に座る一人のおばあさんでした。彼女は、静かに立ち上がり、不満を漏らした女性に対し、「こちらにどうぞ」と席を譲りました。そして、ベビーカーの母子を見ながら、「あなたは少し怒ってしまったようね。こちらの子は静かなのに」と静かに話しました。

その言葉に、バス内の空気が一変しました。不満を言っていた女性は、何も言わずに席を移動しました。一方、ベビーカーの母親は、戸惑いながらもおばあさんの優しさに感謝し、お礼を述べました。その後、おばあさんは更に、「子育ても介護も両方大変だけれど、今は子どもたちのために頑張ってね。みんながあなたの味方よ」と励ましました。

この一件は、周りの乗客にも温かい気持ちを与えました。おばあさんのひと言が、母親だけでなく、周りの人々にも優しさと理解の大切さを教えてくれたのです。私たちは皆、いつか誰かに育てられ、そしていつかは誰かの支えになる。その連続性の中で、相手を思いやる心が最も大切なのだと、このお話は教えてくれます。

広告

AD
記事
速報