【ハリーポッター】「大人たちの頭が悪い…」ハリポタの無能な大人たちは設定ミスではないと語るオタキング。
2024/02/06

広告

岡田斗司夫氏は、ハリーポッターシリーズにおいて、大人たちのキャラクターが無能であることは設定ミスではなく、意図的なものであると指摘しています。彼は、大人たちのうかつさや無知さが、子供たちの冒険や成長を引き立てる役割を果たしていると考えています。大人たちのミスや行動の不合理さが、子供たちにとってのヒーローであるハリーたちの存在感を高め、彼らが自立し、問題を解決する機会を与えているのです。岡田氏は、このような設定は大人たちに対する子供たちの反発や憎悪を生み出すことなく、むしろ子供たちの信頼や尊敬を勝ち得るための巧妙な手法であると評価しています。このような視点から考えると、ハリーポッターシリーズは大人たちへのメッセージや批評としても読み解くことができるのかもしれません。

広告

AD
記事
速報