「LINEで『!』は使わないで」 若者の意見に、明石家さんまが物申す!
2024/03/28

広告

明石家さんまさんが司会を務めるフジテレビ系列のバラエティ番組『ホンマでっか!?TV』は、現代のコミュニケーションツールに焦点を当てた話題で、視聴者の間で大きな反響を呼んでいます。この番組で、『LINE』における句読点や感嘆符などの記号の使用についての議論が展開されました。

番組内では、特に若者の間で『LINE』を使用する際の文化的な傾向が注目されました。SNS評論家の高橋暁子さんは、「若者は年配者の『LINE』の使用方法に引いている」との見解を示しました。彼女によると、若者たちは『LINE』をチャットのように使い、句読点や絵文字をあまり使わない傾向にあります。これに対し、年配者は句読点を使うことで、メッセージが威圧的に感じられることがあるというのです。

この話題に関して、明石家さんまさんは自身の経験をもとにコメントしました。彼は以前、お笑いタレントの渡辺直美さんから、「『LINE』での感嘆符の多用が怖い」と指摘されたことがあります。それに対して、明石家さんは「なんで若者に合わせなアカンねん!」と反発しつつも、若者の感覚に理解を示そうと努めました。

番組アシスタントの井上清華アナウンサーも、「スタンプの『!』の使用が圧力に感じられる」と述べ、現代の若者が『!』に抱く印象は、威圧感に結びつくことが多いと指摘しました。

視聴者からの反応も様々です。一部の人々は『!』の使用に威圧感を感じると述べる一方で、自由に使う権利を訴える声もありました。

広告

また、「若い世代に全て合わせる必要はない」という意見も見られました。

この話題から、現代のコミュニケーションにおける世代間のギャップが浮き彫りになります。特に、若者たちの間でさまざまなコミュニケーションスタイルが存在することが明らかになり、一概に「若者はこうだ」と決めつけることの問題点が指摘されています。年代を超えて理解を深め、互いのコミュニケーションスタイルを尊重することが、より良い相互理解につながるでしょう。

広告

AD
記事
速報