有吉弘行が“嫉妬”した人物とは?アスリートでコメント力も「俺もああいう男になりたい」
2024/03/31

広告

有吉弘行(49歳)、お笑いタレントでラジオパーソナリティーとしても知られる彼が、自らが司会を務めるラジオ番組「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」にて、特定のアスリートに対する深い賛美の言葉を述べました。彼のこの発言は、TBSの長寿報道番組「サンデーモーニング」において、関口宏が36年間の長きにわたる司会生活を終え、その勇退の瞬間を目撃したことに対する反応でした。

有吉は、番組で上原浩治氏が関口宏氏に向け「アッパレです!」と敬意を表したシーンを見て、その行為に感銘を受けました。「関口さんも喜んで“ありがとう”と答えていましたね。本当に気の利いた行動だと思いました。自分もそうありたい」と彼は述べ、上原氏の態度を絶賛しました。

さらに有吉は、「最近、スポーツコーナーに頻繁に呼ばれることが多いんですよ。その理由がわかりましたね。人の気持ちを考えるコメントなどが評価されているんです」と自身の経験を通じて感じたことを明かしました。そして、「実際、あの場にいられなかったことが悔しかった。自分も“喝です!”とか言ってみたかった」と、ジョークを交えながらも、その場にいたかったという羨望の気持ちを表現しました。

広告

このエピソードは、有吉弘行が公の場で他人を評価する際の洞察力と、彼が目指す人物像についての洞察を提供しています。彼の言葉からは、尊敬と敬意を表すことの重要性、そして人々とのつながりを大切にする心が伝わってきます。有吉のコメントは、単なる賞賛を超え、彼が業界内外で目指すべき道を模索している様子を示しています。

広告

AD
記事
速報