「“おうちホスト”じゃん」森香澄、夫に求める年収「103万円」発言が“関白宣言”と炎上
2024/01/31

広告

この記事は、元テレビ東京のフリーアナウンサーである森香澄が、「103万円の壁」という言葉に関連して、自分のパートナーに求める年収について話したことを取り上げています。森は、「私の扶養に入るということ」が条件であり、そのためには自分の年収よりも低くても構わないと述べました。しかし、その条件にはいくつかの注釈があり、相手はイケメンで自分のタイプであり、常に家でご機嫌で自分の機嫌も取ってくれる人でなければならないとも述べました。この発言に対しては否定的な意見もありましたが、一部の人々は肯定的な意見も持っていました。また、他の女性タレントも同様の質問に答え、さまざまな意見が出されました。最後に、扶養に入るという前提で話されたものであり、ネタの範疇として受け取られるべきだという意見もあります。森は結婚相談所のCMにも出演しており、女性が求める条件には多様な考え方があると指摘されています。

広告

AD
記事
速報