17年連続1位…!日本一長寿の村「作業が終わったら野外でビール」長生きの秘訣は〝ゆいまーる〟精神
2024/03/28

広告

日本は長寿国として世界に知られており、WHOによると、平均寿命は84.3歳で世界一。この長寿の秘密を持つ村として沖縄県北中城村が有名です。ここでは女性の平均寿命が89歳に達し、2000年からの市町村別寿命調査でほぼ一貫してトップを維持しています。

北中城村の長寿の秘密は、豊かな自然環境だけでなく、村民同士の絆と共助の精神にあるとされています。この精神は「ゆいまーる」と呼ばれ、お互いを助け合うことを意味します。昔からサトウキビの収穫時には、村民がお互いの畑を手伝い合う風習があり、この絆と協力の精神が長寿へと繋がっていると村長は語ります。

村では、公共の場所「カー」で村民が集い、交流を深める風景が見られます。また、ボランティア団体「花咲爺会」が公園の花壇の手入れをするなど、地域コミュニティの活動も活発です。

戦後、女性たちは夫や家を失いながらも、婦人会などを通じて団結し、生活を再建してきました。これらの活動は現在も続いており、婦人会を中心に様々なサロンが運営されています。これらのサロンでは、高齢者が自ら健康管理に取り組む場となっており、要介護化防止のための体操などが行われています。

北中城村の幸福度は全国平均を大きく上回っており、村民の健康と共助の文化が長寿に寄与していることが窺えます。このように、北中城村の長寿の秘訣は、自然環境、共助の精神、活発なコミュニティ活動にあり、これらが複合的に結びつくことで、長寿の村としての地位を確立しています。

広告

AD
記事
速報