学費1200万!父の退職金を進学費用に…偏差値40の9浪男性がそれでも大学受験を諦めなかった理由
2024/03/27

広告

濱井正吾さんは、高校時代の苦い経験から逃れるべく、大学受験の世界へと足を踏み入れました。不遇の高校生活を経て、大阪産業大学への推薦入学後も環境は変わらず、龍谷大学への編入を選びますが、そこでの自己との向き合いが、さらなる学びへの渇望を呼び覚ましました。彼の目標は、知名度の高い大学への進学。これが、彼が9年間の長い浪人生活を送ることになった主な動機です。

濱井さんの挑戦は、教育系ライターとしての活躍や、メディアでの露出、「ソーシャルインパクト賞」の受賞につながりました。しかし、その道のりは険しく、独学での受験勉強は困難を極めました。基礎学力の不足、そして自分を取り巻く環境の理解不足が、彼の努力をより一層困難なものにしました。

濱井さんの受験生活は、予備校費用だけで約250万円を要し、最終的には父親の退職金を学費に充てるほどの経済的負担を伴いました。それでも彼は諦めず、9浪目にして早稲田大学への合格を勝ち取りました。この長年にわたる挑戦は、彼自身の成長だけでなく、周囲への影響も大きく、多くの人々に勇気とインスピレーションを与えています。

彼の物語は、ただの大学受験以上の意味を持ちます。それは、自分自身との戦い、社会の中での自己の位置付けを見つけ出す旅であり、最終的には自己実現へとつながる道のりでした。濱井さんがたどり着いた結論は、過去を乗り越え、自分自身に自信を持つことの重要性であり、彼のストーリーは、同じような道を歩もうとする人々にとって、大きな励みとなっています。

広告

AD
記事
速報