【ゆっくり解説】現代に生きる「生きた化石」8選
2024/03/19

広告

今回は、現代に生きる「生きた化石」と呼ばれる生物について紹介します。生きた化石とは、その外見や形態が数百万年前の化石とほとんど変わっていない生物のことを指します。例えば、ホオジロザメやワニガメなどが該当します。これらの生物は進化の過程で変化せず、そのまま現代に至っています。その姿や生態から、まるで過去と現在がつながっているような不思議な魅力があります。生きた化石は、我々現代人に遠い昔の生物との繋がりを感じさせてくれる存在でもあります。彼らの姿を見ることで、生命の長い歴史と進化の不思議さを改めて感じることができるでしょう。

広告

AD
記事
速報