行方不明だった大塚範一が老人施設で発見…1日80錠の薬漬けに合っている真相にあいた口が塞がらない!『めざましテレビ』で有名なアナウンサーが独身で居続ける理由…遺産を受け取る人物の正体とは!【芸能】!
2024/02/04

広告

元フジテレビのアナウンサーで「めざましテレビ」の初代総合司会者、大塚範一さんが行方不明となっていたが、老人施設で過ごしていると報じられた。大塚さんは2011年に急性リンパ性白血病を発症し、闘病のためにテレビから降板。彼が病について公に語る中で、1日80錠の薬を服用していたことを明かし、その闘病生活が話題となった。結婚歴がない大塚さんの遺産相続人についても注目が集まり、姉の娘であるa子さんがその可能性が高いとの報道がある一方、現在の大塚さんの具体的な生活状況は不明とされている。

広告

AD
記事
速報