【ゆっくり解説】動物の名前の付いた食べ物の由来10選
2024/03/19

広告

動物の名前が付いた食べ物の由来について解説します。まず、ハムは豚の後脚から作られる食品であり、その名前は古英語の"hām"からきています。ハンバーガーはドイツのハンブルク市にちなんで名付けられました。ホットドッグは犬のような形状が由来であり、アメリカで人気のある食べ物です。

また、チキンカツは鶏肉を使ったカツレツであり、チキンの名前が由来です。イカスミパスタは墨(いかすみ)を使ったパスタであり、イカの名前が付いています。ラムネは最初はレモン味だったので、英語の"lemonade" から来たと言われています。

他にも、ハンバーガーのパティには鹿肉が使われることがあるため、バーガー・ド・サンヒカがあるなど、様々な動物が由来として使われています。それぞれの食べ物には興味深い背景があり、その名前には歴史や文化が反映されています。

広告

AD
記事
速報