後輩を絶対に殴らなかった桑田真澄….後輩に誰よりも恐れられていた理由とは?
2024/03/27

広告

PL学園高校時代から巨人時代まで、桑田真澄さんは常に後輩たちに暴力を振るうことはありませんでした。彼が高校生だった頃は、体罰が蔓延しており、練習中に水を飲むことさえ禁止される時代でした。しかし、桑田さんは後輩たちを決して殴ることはなかったのです。 この姿勢が、後輩たちに誰よりも恐れられていた理由と言えるでしょう。元阪神タイガースの片岡篤史さんや元中日ドラゴンズの立浪和義さんは、桑田さんを最も恐れていたと言います。片岡さんは、「ミスしても怒らないし、『次は気ぃつけ~』としか言わないけど、目は笑ってませんでした。むしろ手を上げてくれた方がやりやすい」と振り返ります。 桑田さんは自身のブログでも、体罰が野球指導において無意味であると訴えてきました。彼は過酷な練習を経験し、その中で得た教訓を後輩たちに伝えたかったのかもしれません。彼は「非暴力」でありながら、後輩たちに考えさせる「怖さ」を持っていたのです。 桑田さんは、プレーだけでなく、指導者としても後進の育成に力を入れています。彼の姿勢と過去の経験から学ぶことは多いでしょう。彼が後輩たちに与えた影響は、恐れるだけでなく尊敬の念を抱かせるものだったのかもしれません。彼の「絶対に後輩を殴らない」という姿勢が、後輩たちに強い印象を残したのです。

広告

AD
記事
速報