松本人志との裁判開始で週刊文春が性加害告発者A子の手記公開。証言台に立つと宣言、身元特定匂わす嫌がらせ被害も告白
2024/04/01

広告

週刊誌『週刊文春』が、ダウンタウン・松本人志さんの性加害報道を巡る裁判を明日に控え、最初に松本さんの性加害を告発したA子さんが寄せた手記を公開しました

  松本人志さんが週刊文春と文藝春秋に対し、性加害の報道で名誉毀損として5億5,000万円の損害賠償を求めて民事訴訟を起こしました。これは、3年半前にA子さんが週刊文春に松本さんからの性加害を告発し、昨年12月にも同様の告発がなされたことに対するものです。松本さんは自身と関係者の無実を主張し、早くお笑いに戻りたいと訴えています。一方、A子さんは真実を訴え続けるとし、匿名での告発にもかかわらず嫌がらせを受けていると述べています。文藝春秋側は客観的証拠の不足を指摘しつつ、裁判では週刊文春の報道が真実であるとの立場を取る見込みです。この裁判は、双方が真実を主張する中で、多くの関心を集めています。

広告

AD
記事
速報