先代から引き継いだ支配の構造「宮内庁が秋篠宮家の”召使い”に成り下がってしまった本当の理由」
2024/02/06

広告

この記事では、宮内庁が秋篠宮家の召使いになってしまった真の理由について述べられています。先代からの支配の構造が受け継がれており、宮内庁があくまで「従者」として扱われてしまっているのが問題であると指摘されています。宮内庁は、天皇陛下直属の組織であり、宮内事務や行事の執行を担当していますが、その立場からすると、家族の一員である秋篠宮家を「召使い」と呼ぶことは、彼らに対する尊厳と敬意を欠いていると言えます。このことは、宮内庁が権力を保持し続けるために、秋篠宮家を従属させるための手段として使用されてきたことを示しています。日本の王室制度は、古い構造を残している部分があり、人々の意識も変わっていく中で、このような支配のあり方に対して疑問が生じているのも事実です。それにもかかわらず、この問題を解決するための方策が見当たらないことも、深刻な課題と言えるでしょう。

広告

AD
記事
速報