大人気のスターからドン底へ落ちた芸能人7選.…原因は本人?
2024/03/31

広告

芸能界では、人気の波が常に押し寄せています。一度は絶大な人気を誇った芸能人たちも、時にはどん底に落ちることがあります。今回は、大人気だったスターたちがどん底へと堕ちていった様子を紹介します。

水嶋ヒロは2009年に人気絶頂を迎えました。絢香との結婚や小説の受賞など、多くの成功を収めましたが、執筆活動に専念するために芸能活動は後退してしまいました。現在は絢香のサポートをしていますが、かつての輝きを見せることはありません。

斎藤佑樹はプロ野球選手として活躍する一方、ハンカチ王子として人気を集めました。しかし、年上女性との不祥事や成績の低迷から、一軍と二軍を行き来する日々が続きました。現在はその姿を見ることはなく、過去の栄光を取り戻すことはできません。

山本耕史は堀北真希との電撃結婚で世間を驚かせましたが、その後のストーカー行為が明るみに出てしまい、多くのファンを失望させました。押尾学も薬物問題で逮捕され、一時は閉ざされた扉の向こうで暮らすこととなりました。

広告

桜井幸子はアメリカ人男性と再婚し、アメリカに移住したと言われていますが、その後の消息は伝えられていません。

清原和博も薬物問題で逮捕されたことで一時のスター街道から陥落し、現在は影が薄くなっています。

江角マキコはマネージャーに命じて有名人の自宅に落書きをさせた疑惑が浮上し、一連の騒動が社会に受け入れられず、テレビから姿を消すこととなりました。

人気者の凋落は悲しいことではありますが、芸能界の厳しさを再確認させられる出来事です。人気を獲得することも維持することも容易ではないのが芸能界の現実です。

広告

AD
記事
速報